隠岐の朝食隠岐の朝食

隠岐プラザホテルの朝は、
「島の朝定食」から始まる。
朝食は旅や出張の楽しみの一つ。隠岐プラザホテルの朝定食は心づくしの品が並び、味覚から心と体を目覚めさせ、一日の始まりに活力をくれる。港町の暮らしを眺めながら、贅沢な時間を過ごそう。
隠岐の朝食
もずく雑炊もずく雑炊
 手作りのおかずが彩りよく並ぶ中、目を引くのが「もずく雑炊」だ。創業当時から今に続く名物料理。磯の香りがたちのぼり、柔らかく炊かれた米ともずくのツルツルとした食感が混ざり合い、舌の上に独特の心地良さが広がる。厳選された隠岐のもずくの風味は奥ゆきが深い。一さじごとに体の底からじわじわと癒やされていくようだ。滋味豊かな一杯をじっくり堪能してほしい。
もずく雑炊
藻塩米藻塩米
 艶やかに炊き上がったご飯は「藻塩米」。海藻を浸した海水を煮詰めて精製したミネラル豊富な藻塩を散布して育てられた隠岐の米で、ブランド米として近年注目されている。もっちりとして甘味が濃く、季節の野菜の炊き合わせや温泉卵、漬物をおともにすれば、いくらでも食べられてしまう。
藻塩米
地魚の一夜干し・島獲れのイカ地魚の一夜干し・島獲れのイカ
 漁師の朝食を思わせる魚介系のおかずも嬉しい。地魚の一夜干しは、小鉢や小皿が多彩に並ぶ〝ちょっとずつ、いろいろ〟の中でちょうど良いサイズ感だ。時季によって変わるが、定番は干しガレイ。パリッと焼かれた皮の下のふっくらとした身は、凝縮された旨味と程よい塩味でご飯が進む。島獲れのイカの刺し身は新鮮で弾力があり、甘い。そのまま食べるもよし、温かいご飯にのせるもよし。
地魚の一夜干し・島獲れのイカ
隠岐あらめ隠岐あらめ
 県外からの旅行客に絶賛され、レシピを聞かれることもあるのが「隠岐あらめ」の小鉢だ。隠岐周辺の海は暖流と寒流が交わり、栄養が豊富で生命の宝庫のような海域。荒波にもまれて育ったあらめは大きく幅広で、歯応えがある。煮込むとしっとりとやわらかくなり、甘辛い味付けの炒め煮は島の食卓で定番のおかずだ。朝食後、1階の売店で乾燥あらめを買い求める人も多い。日持ちするのでお土産としても重宝されている。
隠岐あらめ
あご野焼きあご野焼き
 山陰名物「あご野焼」も楽しめる。新鮮なトビウオをすり身にし、香ばしく焼き上げた島根のソウルフードだ。味は淡泊で素朴そのもの。むっちりとした歯応えを楽しんでいると、ほのかな酒とみりんの香りが感じられる。
あご野焼き

 レストランは上層階にあり、島内で一番高い場所から港町を眺められる。朝一番の仕事を終えて戻ってくる漁船、暮らしをつなぐフェリー、高速線、学校や職場に向かう人々。晴れていれば穏やかな内海と空の青さが眩しく、雨なら日本海らしいしっとりとした風情が漂う。島の一日の始まりとともに朝食を味わうひと時には、他所にはない贅沢さがある。汽笛を耳に、ゆったりと流れていく〝島時間〟を楽しもう。