hitonaka story Prologue『商店街の営みに泊まる』

島の女性の心を洋服で満たす「暮らしのサプリ」のような場所

昔ながらの商店が軒を連ねる西町商店街。
町並みを味わいながら歩いていると、ブルーグレーの壁にアイアン調のランプが灯された店が目に入る。
白いキャンバス地の軒には『galore』。
オーナーの石谷恵美さんが集めた服やアクセサリーなどが並ぶセレクトショップだ。

Keyword 1心を元気にする、暮らしのサプリのように

 島後で生まれ、高校まで地元で過ごした恵美さん。「私が10代の頃は服を買おうにもぜんぜんお店がなくて…」と昔を振り返る。ネット通販などなかった時代、おしゃれがしたい年頃の若者にとってはもどかしい環境だっただろう。
 恵美さんは本土でアパレル業界に就職。山陰のショッピングモールなどを経て独立し、20年ほど前にふるさとで店を持った。西町商店街から徒歩10分程度のエリアにあった店を、夫が経営する石谷食料品店の隣に移転したのは2020年の12月。店頭にはデザインだけでなく着心地や生地の質までこだわって選んだ品が並ぶ。

「私の好みをベースにしつつ、大人の女性が満足できる質の良さを重視して仕入れています。『着心地がいいし長持ちするから、お気に入りをずっと着続けられる』と言ってくれる常連さんもいて嬉しい。飽きずにずっと着てほしいし、良いものを見て、触れて、選ぶ時間って心が満たされますよね。私はそういう場所を提供していきたいんです」  服や靴は生活必需品であり、心満たすものだ。気分が乗らない日もお気に入りの一着で少し前向きになれたり、新作アイテムが店頭に並ぶのを見て季節の移ろいを感じたり…。そんなふうに〝好き〟や〝お気に入り〟が潤いになっている人は少なくない。そしてそれを探す時間は、身に着ける時間以上に喜びを生む。恵美さんが誰かの喜びのために思いを込めて厳選したアイテムが並ぶ心のサプリのような空間だから、島の人たちはここに集まるのだ。

Keyword 2のびやかに楽しみながら、誰かの心を満たす

 西町商店街に移ってからは、近隣の常連客だけでなく中高生も来店するようになった。近くにある『月明かりカフェ』に行く道すがら立ち寄る子もいるそうだ。そんな若い世代のため、お小遣いでも買えるリーズナブルなアクセサリーや雑貨なども仕入れている。友達同士でおやつをシェアして楽しい時間を過ごせるようにと、気軽に買えるお菓子も増やした。看板猫のムサシくんに会いに訪れる子もいる。気さくなお姉さんと猫がいる〝町のお店〟として愛されると同時に、洗練されたデザインに触れられる場所にもなっているはずだ。いつか恵美さんのように隠岐で店を持とうと夢を抱く子もいるかもしれない。
 恵美さんはこれからの町の変化に期待を寄せる。「Hito_Naka西町がオープンしたら、新しい人の流れができるでしょう。人の流れを見極めながら、若い世代も楽しめる場所として充実させていきたいです。島外から来る人には『隠岐にもこんなお店があるんだ』と思ってもらえれば…。あくまで私のやりたいこと、楽しいことを大切にしつつですけど」。『galore』とは「たくさんの」「豊富な」という意味の言葉。恵美さんが楽しみながら作り出す空間は、たくさんのときめきがあふれている。それはこれからも誰かの心を満たし、その人自身の豊かさになっていくだろう。

galore
大人の女性の日常着をテーマにしたセレクトショップ。触れて、着て、見て心地よい服を揃え、アクセサリーやハンドメイドの猫雑貨なども並びます。看板猫のムサシくんが迎えてくれます。営業日や入荷情報はブログをチェック。
住所 島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の三22 pin
営業時間 11:00~18:30
定休日 不定休
TEL 08512-2-3872
WEB https://www.at-ml.jp/70001/